夢占い「花嫁」の夢は正夢?衣装の状態で見る意味の違い

 

結婚式の夢を見る人というのは、多くいるのではないでしょうか。特に周囲で結婚する人が多い場合は、影響を受けてみるということもあるでしょう。

花嫁が印象的な夢には、どんな意味があるのでしょうか。

スポンサーリンク

花嫁や花婿を眺めている夢

花嫁や花婿は、結婚や自立心、あたらしい場所に進むことを暗示します。花嫁・花婿を見ている場合、特に恋愛において選択をすべきタイミングかもしれません。

付き合い続けるか、結婚するか、といった岐路に立っている場合もあるでしょう。また、これまでにない新しい経験を暗示する場合もあります。

印象の良い夢であれば、その経験はあなたを成長させるものとなるでしょう。

花嫁衣裳の夢

結婚したいという思いが強くなっているようです。

恋愛運が上がっている時で、良い出会いもありそうですので、積極的に行動すると良いでしょう。

特に独身女性が見た場合、結婚につながる縁談があったり、お付き合いしている人との結婚の話が出る可能性があります。

スポンサーリンク

花嫁衣裳が着物である夢

結婚式で着る華やかな着物の夢は、運気の上昇を意味します。恋愛運はもちろん、金銭面でも追い風がありそうです。

白無垢の場合、結婚に対する思いを暗示します。憧れだったり、結婚することに対する不安だったり、思いは様々でしょう。

すでに結婚している人が見た場合には、今の結婚生活や夫に対する思いが現れているかもしれません。自分が着ていたなら、環境の変化を意味する場合もありそうです。

着ていた白無垢が汚れていたり、着物なのにハイヒールを履いているなどおかしな印象の夢は、パートナーとの間でトラブルが発生したり、対人関係で問題が起こることを意味しています。

花嫁衣装がウェディングドレスである夢

ウェディングドレスもまた結婚に関わる思いを暗示します。結婚願望と同時に、未婚女性の場合は焦りから見る場合もあるでしょう。

明るい気持ちでウェディングドレスを見ている夢なら、結婚に向けて順調に恋愛が進んでいることを暗示します。

スポンサーリンク

花嫁衣裳を着る夢(自分が花嫁になる夢)

未婚女性が花嫁衣裳を身に着ける夢は吉夢です。

恋愛運が良い時ですので、積極的に行動しましょう。

また恋愛に限らず、仕事などでも成果を出せるときです。これまで頑張ってきた人は次の段階へステップアップできるようなことがあるかもしれません。

既婚女性が着ていた場合、衣裳がぴったりできれいに着ていたなら吉夢です。今の結婚生活に満足していることを意味します。

あまり衣裳がしっくりきていないような場合、最初からやり直したいという思いがあるかもしれません。今の結婚生活に、なにかしら不満があるようです。

人がたくさんいる前で着ていたら、結婚願望とは別に、周囲から注目されたい!という願望の現れを意味しています。

自分以外の誰かが花嫁衣裳を着ている夢

自分ではなく、花嫁衣裳を着た誰かが夢に出てきた場合はどうでしょうか。

やはり結婚に対する思いを現す場合と、警告を告げる夢である場合とがありそうです。

印象の良くない夢の場合、ウェディングドレスを着ていた人に変化が起こることを暗示することもあります。

知らない人が花嫁衣裳を着ていた場合、良い縁談だったり、良いお付き合いができる相手との出会いを暗示しています。

友人が花嫁衣裳を身に着けて、幸せそうにしている夢は吉夢です。その友人だけでなく、あなたも恋愛運が上がっている時です。

悲しそうな様子など、あまり幸せな感じでない場合は、その友人になにかトラブルが生じているかもしれません。

花嫁衣裳を選んでいる夢

どれにしようか迷っている場合、恋愛相手を選んでいたり、優柔不断な態度をとっていることを現しています。

相手を失うことにもなりかねませんので注意しましょう。

花嫁行列を見る夢

恋愛や結婚に憧れを抱いていることを現しています。

恋愛に対する気持ちが高まっていて、運気も同時に上がっている時ですので、好きな人がいる場合には近づけるように行動してみましょう。

結婚式で花嫁が逃げる夢

結婚から逃げ出すというのは、結婚生活よりも優先したいことがあるということを意味しています。

もしかしたら結婚の話がでているものの、それよりもやりたいことがあって悩んでいるのかもしれませんね。

この夢を見たなら、やはり優先順位は結婚よりも他のことが高いようです。

まとめ

花嫁が夢に出てくる場合は、やはり結婚に対する思いが反映していることが多いでしょう。

結婚願望の強さから見る場合、不安から見る場合もあるかと思います。

自分が花嫁になっている夢なら、自立心を意味することもあります。

夢主が未婚か既婚かでも解釈がことなりますので、現実と照らし合わせて考えてみましょう。

スポンサーリンク

Posted by reve