【夢占い】道(道路)の夢は人生の象徴!雪道や工事中の意味は?

5月 10, 2018

夢に出てくる「道」は、あなたの人生を現していて、その歩き方はあなたの人生の歩みを現しています。

夢の中の道はどんなものでしたか?

スポンサーリンク

広くて真っ直ぐに伸びている道の夢

目標が定まっているなど、しっかり自分の人生を歩んでいることを意味します。

大きな問題もなく、順調に進んでいけるでしょう。

印象の良い道とは逆に、曲がりくねったり凸凹した歩きにくい道が夢に出てきた場合、困難を象徴します。ストレートに進めない要因があるということです。

道が陥没している場合は特に、経済基盤を揺るがす出来事が起こるかもしれません。

困難な道をそれでも進んでいたなら、まだまだ踏ん張る力があるということ。人の助けを借りたり、経済的にも無駄遣いを減らすなど工夫しながら、前向きに進みましょう。

坂道が出てくる夢

山あり谷ありというように、上り坂は高い目標や困難やを意味します。

普通に進むよりも労力を必要としますが、どんどん上っていく夢なら、多少の困難にもくじけず進むだけのエネルギーがあることを現しています。

体力が尽きて立ち止まってしまっていたら、気持ちがくじけてしまっているようです。まずはモチベーションをあげるようにしてみましょう。

坂道を下る場合、運気は低めです。

がむしゃらに頑張るよりも、マイペースでこつこつ進むほうが良い時でしょう。無理をせず、目の前のことをひとつひとつこなしていきましょう。

スポンサーリンク

道が分かれている夢

道がふたつに分かれている場合、人生の大きな選択を迫られることを暗示します。

選択次第でその後の人生が大きく変わるような岐路にいるようです。

十字路のように道が三つ以上に分かれている場合、選択肢を絞り込めないでいることを意味します。

あまりに優柔不断だと、チャンスも逃してしまいかねません。決断力が必要だと伝えている夢です。

道が消えている夢

進んでいた道の先が消えている場合は、今進めていることに先がないことを暗示しています。

別の方法を模索したり、計画を立て直すなど、再度やり方を見直す必要がありそうです。

スポンサーリンク

雪道の夢

雪道は普通の道よりも歩きづらく、気をつけて進まないと転んでしまいます。

雪道の夢を見たときは、忍耐力が必要とされているようです。このまま進むことにあせりや不安があるのかも知れません。

雪の中をどんどんと進んでいくようなら、困難を乗り越えていく力があるということです。

高速道路の夢

あなたの選択が間違っていないことを伝えています。物事が順調に進むでしょう。

ただし、渋滞にはまる場合は動きが停滞しそうです。もともとの計画を変更せざるを得ないようなことがあるかもしれません。

冷静な対応が求められるでしょう。

道路が工事中の夢

夢に出てきた道が工事中なら、進む道に困難があるようです。

進み続けるためには、ただ急ぐのではなく堅実にやること、周囲と協力することなど、しっかりと地盤をかためることも必要であることを伝えています。

道案内する夢

道案内をする夢は、あなたが主導して物事を進めることを意味します。

あなたの案内で無事目的地に着くようなら、現実でもうまくいきそうです。

うまく案内できない夢なら、あなた一人が頑張るのではなく、人と協力してやっていくことでうまくいくでしょう。

道案内される夢は、トラブルが解消し、思うように進めるようになるでしょう。事態好転の吉夢です。

道を歩いている夢

自分の足で道を歩く夢は、まさに自分の足で人生を歩んでいることを意味します。どんな歩き方をしていたかは、人生の進み方を現しています。

人と一緒に道を歩く夢は、共に生きる人との関係を表しています。

並んで歩いていたなら、人間関係は良好の暗示。人生のパートナーとなる可能性もあります。

一緒に歩く相手との距離は関係性を表し、離れているようならコミュニケーションに不足がありそうです。

途中で相手がいなくなってしまう場合、別離を意味しています。

良い関係を保ちたいと思うなら、自分から近づいていきましょう。積極的にコミュニケーションをとることが大切です。

道(道路)を走る夢

気持ちよく走ってどんどん先へ進む夢なら吉夢です。

物事がスピーディに進んだり、意欲が高まっているときです。

つまづいたり動けなくなるようなら、健康状態によく注意しましょう。

横断歩道を渡る夢

横断歩道の夢は、転換期に差し掛かった時によく見る夢とされています。

横断歩道のこちら側は現状を。渡った先がこれからの暮らしの日々を現しています。

そんな意味を持つ横断歩道を歩いて堂々と渡っていたら、自分が進もうとしている道筋が明確に分かっていて、自身を持って邁進していることを意味しています。

横断歩道を渡るのが怖いと感じている場合は、今までのライフスタイルを変えることに臆病になっていることを伝えています。

道に迷う夢

物事をうまく判断することができなくなっていることを暗示します。

この先の人生をどうしていくのか、どうしていきたいのか迷いがあるようです。信頼できる人に相談してみるのも良いでしょう。

目先のことだけでなく、その先まで考えて判断することが必要です。

道が行き止まりで引き返す夢

やり方を間違えていたことに気付いて軌道修正することを暗示しています。

進めていた仕事や計画がうまくいかないとわかり、計画を立て直すようなことがありそうです。

道を間違える夢

道を間違える夢は、今のままではうまくいかないということを伝える夢です。

一度見直しをしてみましょう。

道ですれ違う夢

人と道ですれ違う夢は、その人があなたの人生に少なからず影響を与える人物であることを示唆します。身近な人であれば、積極的に話をするようにしてみましょう。

夢の中で何か話をしていたら、今のあなたにとってヒントとなるような言葉かもしれません。

道草・寄り道している夢

夢の中で、目的地までの道のりの途中で道草をしていたなら、あせることなく、しっかり進んでいくようにというアドバイスと考えましょう。

周囲に目を向けて、興味があることにはぜひトライしてみましょう。今はゴールを目指す以上に、気持ちの向くことをやってみることが良い結果を運んできそうです。

まとめ

道と一言で言っても、いろいろな道があります。ストレートな道、曲がりくねった道、でこぼこ道、山道、雪道などなど。

その道は人生を象徴しています。

歩きやすい道ほど困難が少ないと言えるでしょう。

しかし困難を乗り越えてこそたどり着ける場所もありますので、道の状態だけで吉凶は判断できません。

どんなふうに進んでいたかもあわせて解釈してみましょう。

スポンサーリンク

5月 10, 2018

Posted by reve