夢占い「怒る」の意味はストレスを暗示!怒って泣く夢の解釈は?

4月 7, 2018

夢の中で誰かやなにかに「怒る」のは、多くの人が経験があるのではないでしょうか。

ちょっとむっとする程度から、現実ではそんなに怒ったことがないというほど怒りが爆発することも、夢の中では珍しくありません。

しかも、怒る相手は特に怒りを感じている相手ではなかったりするのです。

夢の中で「怒る」ことは、自分の中にある感情を消化させるという効果があり、必ずしも悪い意味合いを持つとは限りません。

怒る夢は、状況ごとにどんな意味をもつのでしょうか。

スポンサーリンク

怒ってすっきりする夢

怒ってすっきりできる夢は吉夢です。

まさに内面の怒りやストレスを夢で解消しているということ。

目覚めて気持ちが軽くなっていたら、夢がうまく機能していると言えるでしょう。

すっきりしない場合

すっきりせず、起きてからも怒りが持続するようなら、怒りの度合いが強いようです。抱えているストレスは、自分で思うよりも大きなものかもしれません。

日常生活で感じる小さなストレスも、積もれば重くのしかかってくるもの。言いたいことは、ある程度はっきり言う必要がありそうです。

難しいようなら、ストレスを感じる相手からはなるべく距離を置くようにしてみましょう。

自分が誰かに対して怒る夢

特定の誰かに怒りをぶつける夢は、あなたのその人に対する感情が現れています。

直接はなかなか言えないことや、自分の思いが伝わっていないなというもどかしい思いを、怒りとして夢の中で相手に伝えている場合もあります。

家族に対して怒る夢

親や家族は、一番長い時間一緒に過ごす人たちですので、怒りを感じることも一番多いのではないでしょうか。

夢の中でストレスを解消させているため、親に怒る夢は逆に吉夢で、かえって仲は良くなることを暗示します。

ただし兄弟姉妹に怒る夢は、相手に対してストレスを感じていることを現しますので要注意。実際に怒りを感じるような出来事があったのかもしれません。コミュニケーションの重要さを伝える夢でもありますので、怒った相手と話をしてみましょう。

家族だからとあまり言葉にしないために、思い違いで怒りを感じているということもあるかもしれません。

恋人や元恋人に怒っている場合

恋人に怒る夢もまた吉夢。それは愛情の裏返しであり、二人の仲は深まりそうです。

元恋人に怒る夢は、その人そのものというよりも、今の恋愛を暗示することがあります。今の恋愛がうまくいったり、出会いがあるなど、恋愛で嬉しいことがあることを意味する吉夢です。

友人に怒る夢

友達に怒る夢は、相手との間にすれ違いが生じていることを暗示します。

どちらかが誤解をしていて、関係が悪くなっている可能性があります。相手と話をしてみることが必要なようです。

知らない人に怒る夢

知らない人に対して怒る夢は、無意識に溜まっているストレスを夢で発散させていることを意味します。

抑えている感情や怒りが、思っている以上にあるのかもしれません。そういうものが夢で解消され、気持ちは軽くなりそうです。また、対人関係が良好の暗示でもあり、人とのつながりが大切な時のようです。

スポンサーリンク

動物に対して怒る(叱っている)夢

動物に怒る夢は、あなたが理論的ではなく、感情に任せて行動しがちなことを意味しています。

冷静さを保つよう、怒りを感じたときなどには一呼吸おいてみましょう。感情が先走ると、不必要な行動をとってしまうこともあります。

怒っている人を見る夢

あなたが怒るのではなく、怒っている誰かを見る夢は、あなたに代わってその人が消化不良な感情を消化させてくれている、つまりあなたに良いことをしてくれていると見ることができます。

その怒っていた人は、現実であなたに良い知らせや出来事を運んできてくれるラッキーパーソンの可能性がありますよ。身近な人なら、気にかけてみましょう。

スポンサーリンク

怒りながら泣く夢

怒ることは感情の消化であり、泣くこともまたたまったストレスの消化という意味合いを持ちます。

怒りながら泣く夢は、ストレスを発散させ心のバランスをとっているという吉夢です。たくさん泣くほど、ストレスも流れていっていることを暗示しますよ。

怒鳴っている夢

怒鳴るのもまたストレスを感じていて、夢で発散させようとしているようです。この場合、怒りの原因はプライドの高さかもしれません。

自分の非を認めたくなかったり、能力のなさを認めたくない、また人からもそう思われたくないという気持ちが強いようです。

虚栄心は、実際に実力と自信をつけることで必要なくなるものですので、まずは自分の力を高めることが大切なようです。

怒りながら叫ぶ夢

そのあとすっきりできるかどうかで解釈がわかれます。

すっきりできるようなら、抱えているストレスを上手にコントロールしていると言えるでしょう。

すっきりできないようなら、ストレスがうまく解消されず、そのことがトラブルにつながりそうです。

叫ぶ夢は、自分で思う以上に追い詰められている可能性があります。リフレッシュして、気持ちのバランスをうまく取るようにしましょう。

怒って暴れる・暴力を振るう夢

暴れる夢は、溜まった感情が爆発しそうなことを現しています。抱え込むストレスにも限界がきているようです。

怒って誰かに暴力をふるう夢は、感情のままにストレスを発散させ、高額な衝動買いをするなど、普段ならしないようなことをしてしまいそうなので注意が必要です。

怒りたいのに声が出ない夢

声が出ないというのは、自分の意志を表に出すことができないということ。

怒りを感じているのに声が出ない夢は、溜まったストレスがうまく発散できていないことを暗示します。表現してはいけないという思いが、ストレスの発散を押しとどめているのかもしれません。

カラオケで熱唱したり運動したり、人に迷惑をかけずにストレスを発散する方法はいろいろありますので、ため込みすぎずにうまくストレスと付き合うようにしましょう。

電話で怒っている夢

電話は人とのつながりを暗示します。

電話で怒る夢は、人とのコミュニケーションがうまくいかなかったり、思いがうまく伝わらなかったりと、もやもやした思いを抱えていることを現します。

言葉は有限ですので、気持ちを正確に伝えるのは難しいことがありますが、案外シンプルな言葉のほうが伝わる場合もあります。

人とつながりたいという気持ちがあることも意味する夢ですので、あきらめずに相手とコミュニケーションをとっていきましょう。

職場で怒る夢

職場で誰かに怒っていたなら、その相手との関係が良くなることを暗示します。

コミュニケーションがスムーズになり、結果的に仕事もうまく進むでしょう。

怒っている人をなだめる夢

自分の感情を客観的に見ることが必要であると伝える夢です。

夢の中で怒っている人をなだめたように、自分自身の思いを外から見てみることが大切です。

まとめ

怒る夢は、抱えているストレスを発散させ、精神面のバランスをとっていることを意味します。

怒りという感情は良くないもののように思われがちですが、誰しもが感じる感情ですし、意欲や愛情の裏返しでもあります。

誰かに怒っていた場合は、その相手との関係が深まることを意味することも多いです。

怒っていた相手や、そのあと気持ちがすっきりしていたかどうかも大事なポイントとなります。

スポンサーリンク

4月 7, 2018

Posted by reve