夢占い「占い師」が夢に出たら?アドバイスを欲している心理のあらわれ 

3月 7, 2018

占いが好きだという方は多いのではないでしょうか。街中の占い館に行く、ネットで星占いを見る、占いの本を見る、など、生活のなかに取り入れているという方も多いかと思います。

占い師というのは、星の動きやカードなどを使って、自分の気付いていない自分のことを教えてくれる存在ですね。

夢に出てくる占い師も、自分自身の直感や内面を伝えてくれています。

夢の中の占い師はどんな人で、どんな占いをしたでしょうか。いくつかのパターンを見てみましょう。

スポンサーリンク

占い師が出てくる夢

占い師が夢に出てきた場合、あなたが抱えている問題を解決するのを助けてくれる人が現れる暗示です。

アドバイスだったり、物的援助だったり、なにかしらの支援が期待できるでしょう。

占い師がどんな人だったかによって解釈が異なりますので、見ていきます。

年配の占い師の場合

年を重ねるというのは、知恵や知識を積み重ねるということでもあります。夢で年配の占い師が出てきたら、経験豊富な人から何かしらの援助を受けられる暗示です。

必要なアドバイスなどを授けてくれるでしょう。

異性の占い師の場合

占い師が異性だった場合、あなたが頼れる恋人やパートナーを求める気持ちがある暗示。

占ってもらった内容は、そのままあなたの現在の関心ごとでもあります。占い師はどんなことを話したでしょうか。それがそのまま、あなたの恋のアドバイスとなります。

同性の占い師の場合

占い師が同性だった場合、それはあなたが気づいていないあなた自身と見ることができます。

占い師の言葉は、あなたの無意識の感情や、まだ気づいていない直感と言えますので、内容を思い出してみましょう。

胡散臭い占い師の場合

夢の中の占い師があやしい感じだったなら、他人を当てにしすぎず、自力で問題を解決するようにという警告の意味があります。

どんなにアドバイスをもらっても、決断を下すのは自分です。それは他人のせいにはできない部分であり、依存しすぎるのは危険だというメッセージと考えてください。

占い師の言葉を鵜呑みにしたり、崇拝するような夢だった場合も、あなたの依存心を意味します。逃げたくなるような状況でも、自分の足できちんと立たないといけないという警告夢となります。

占ってもらう夢

占いをするのは、あなたが人生の岐路にさしかかっており、大きな決断をする時期である暗示です。

進学や就職、結婚のような、その選択で人生がまるで変ってくるような決断を迫られそうです。もしかしたら、決断に迷いがあるのかもしれません。

誰かの助言が欲しいと思っても、それはあくまで助言であり、決断するのは自分自身であることを忘れないようにしましょう。

迷っているときには頼れる誰かに依存したくなりますが、人生の責任はいつでも自分にあるのです。必要なアドバイスをくれる人が現われる暗示でもありますので、相手を選んで、慎重に決断を下しましょう。

占い結果が良かったなら、望む未来が期待できるでしょう。

占い結果が悪かったなら、もう一度見直しをしたほうがいいということ。恋愛にしろ仕事にしろ、進めてきたことや考えていることを方向転換したほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

タロットで占ってもらう夢

タロット占いをしてもらう夢は、決断に迷いがあり、他人に決断を任せたいという他力本願な気持ちがある暗示です。

誰かの指示通りに行動するのは楽ではありますが、決断は自分で下さないといけません。しっかり選択肢と向き合いましょう。

また、自分でタロット占いをする夢は、迷いながらもきちんと自分自身で決断しようという意思の現れです。

どちらもパターンでも、占い結果が悪かったなら、それは現実に悪いことが起こるわけではなく、不安の現れです。現実には自分の努力ややり方次第で良い結果が出せますので、自信を持ちましょう。

手相で占ってもらう夢

手相を占い師に見てもらう夢は、今なにか悩み事をかかえていたり、自信を失っている暗示です。

自分の下した決断が本当に正しかったのかなど、思い悩むことがありそうです。第三者の意見を必要としているようですので、信頼できる相手にアドバイスを求めてみましょう。

なお、夢の中の手相を覚えていたなら、はっきりとした線のほうが状態の良さを現します。やる気があり、多少の困難があっても乗り越えるエネルギーがありそうです。

ぼんやりしたり乱れた手相なら、疲れや自信のなさの現れです。

状態は万全とはいえなくとも、目の前のことをやり続けることで先が見えてきそうです。努力を惜しまないようにしましょう。

スポンサーリンク

水晶が出てくる夢

黒いローブをまとった占い師が手元に水晶玉を置き、それに手をかざすと未来が見える・・・古典的ながら、そんな占い師のイメージが浮かぶ人もいるのではないでしょうか。

夢に出てくる水晶玉は、どんな状態でしたか?

きれいな水晶玉の夢

くもりのない透き通った水晶玉が出てきたら、それは大吉夢です。

自分が思っている以上の結果が出せるときなので、小さくまとまっているのはもったいない。大きな夢や目標を掲げても、実力以上のものが発揮できるときですので、ぜひ、ちょっと難しいなということにチャレンジしましょう。

状態の悪い水晶玉の夢

逆にきれいではない水晶玉だったり、水晶玉がぞんざいに扱われていたら、あまりうれしくない出来事が起こる暗示です。占い師がなにか話していたなら、内容を思い出してみましょう。印象に残る言葉もまた、大切なメッセージです。

ただし汚れたり曇りのある水晶玉を磨いていたら、それもまた吉夢です。

磨かれた水晶玉がやがて輝くように、やってきたことが認められたり結果が出たりと、努力が報われる暗示です。

占い師の予言を聞く夢

夢の中で予言を聞いたら、それはとてもメッセージ性の強いものとなります。

現実においても重要な内容であることがありますので、しばらくはぜひ気にかけて生活してみましょう。

結婚について

占い師に、結婚についての予言を聞く夢を見た場合、それはそのまま結婚についてのメッセージか、仕事など、結婚と同じくらい人生の中で大きなウェイトを占めるもの、大切なものに対してのものである可能性があります。

結婚できる、という予言の夢は、結婚出来たらいいな、という願望が見せる場合があります。ただしその意欲はあるので、現実的に結婚を引き寄せるだけの行動力があると言えます。結果として、予言が現実となりやすいでしょう。

仕事の場合、天職に巡り合うような出来事があるかもしれません。

結婚できない、と予言される夢だった場合、結婚自体や相手に対して不安を感じているのではないでしょうか。

その予言を聞いてどんな気持ちになったか、占い師がどんなことを話したかをあわせて考えてみましょう。

悲しい気持ちになったなら、結婚したい気持ちはあると言えますので、何が不安の元なのかをはっきりさせてみましょう。漠然とした不安を抱いている場合もあるかもしれません。

占い師の言葉をアドバイスとして受け取ってみましょう。

妊娠について

妊娠についての予言の夢は、妊娠と同時に、何か新しいものが生まれるとか努力が実る、ということも示唆しています。

長年の夢が叶ったり、手掛けてきたことが成功に終わるなど、嬉しいことがある吉夢です。

死について

死を予言されるのは、たとえ夢でもいい気持ちはしないかもしれませんね。

しかし夢における「死」は意外とポジティブな意味を持ちます。終わったあとまた新しく始まる、という意味合いがあるからです。

死ぬことを予言される夢を見たら、今困難に直面している場合、その問題が片付いて心配事がなくなる暗示です。予言の内容を細かくおぼえていたなら、それを参考に行動すると良いでしょう。

自分が占い師になる夢

自分自身が占い師となる夢は、思いがけず自分の言葉や行動が誤解されることを暗示します。

悪気なくやったことが裏目に出たり、良かれと思ってしたことを変に受け取られるなど、もしかしたら気づかないところで誤解を受けているかもしれません。それに気づいたら、本当のところを相手に伝えましょう。

誤解というのはなかなか解消が難しい場合がありますが、根気強く伝えてきましょう。

なお、自分が占い師として他人を占っていても、その内容は自分自身の事柄を暗示しています。どんなことを話していたでしょうか。

まとめ

本屋さんにはたくさんの占いの本が並び、街には占いの館があり、WEB上には星の数ほどの占いのページがあります。それくらい、占いは多くの人の関心ごとであり、必要とされているのですね。

占い師が出てくる夢を見たら、あなたを導いてくれる人が現れる暗示です。占ってもらう夢を見るのは、人生の岐路に立っていたり、選択に迷いや不安があることを現します。

占い師の言葉は、あなたが直面している問題を解決するヒントになりますので、起きてからも数日は気にかけてみてくださいね。

スポンサーリンク

3月 7, 2018

Posted by reve