夢占い「虹」の夢の意味とは?幸運の象徴で運気の上昇を暗示!

4月 7, 2018

虹は幸運の象徴です。

現実でも、大きな虹や二重に出ている虹を見たらラッキーだと言われています。夢に出てきた場合も、虹は幸運のしるし。

でも虹の様子によっては解釈が変わってきますので、状況別に意味を見ていきましょう。

スポンサーリンク

きれいな(美しい)虹の夢

きれいな七色の虹の夢は、まさに幸運の暗示。

今難しい問題に直面していたり努力を重ねているとしたら、やがて状況は良い方向に向かうでしょう。美しい虹は明るい未来を示唆しています。新しいことにチャレンジするのにも良いタイミングです。

虹が雲でかすんで見えにくい場合

せっかく虹が出ているのに雲でかすんでいたりして、ぼんやりと見えにくいような場合、うまくいきそうだったことが結局失敗に終わるというような、残念なことがありそうです。チャンスをつかみ損ねる、という意味合いになるのです。

今は無理せず、目先のことだけでなく先のことまで考えて行動するようにしましょう。

逆さまの虹

通常天に向かって弧を描く虹ですが、地上に向かって円を描く逆さ虹という珍しい現象があります。

夢に出てきた場合、思いがけない嬉しい状況が訪れそうです。逆さとはいえ、幸運に違いはありません。それが想像とは異なる形でもたらされる、ということです。

スポンサーリンク

虹が欠けている夢

かすんでいる虹と同様、うまくいきそうに思えたことが、がっかりする結果に終わりそうな暗示です。

虹はでているものの、それが欠けていてきれいな状態でないというのは、一時はうまくいったり幸せを感じられたことにも、実はほころびがあったという意味合いになります。

人間関係にも言えることで、とくに恋愛関係では、最初は上手くいっていたはずが、実は相手には別の相手もいた、というようながっかりしてしまう状況があるかもしれません。

三角関係だと認識している場合、この夢は、その関係を解消するべきだというメッセージととらえましょう。

二重・三重(複数)の虹が出ている夢

きれいな虹が複数出ている夢もまた吉夢です。

現実でもダブルレインボーを見ると願いが叶うと言われますが、夢においても幸運の暗示。

これまでやってきたことが成果としてあらわれたり、ステップアップできる時です。人生の節目を現す場合もあり、次のステージでも力が発揮できるでしょう。

スポンサーリンク

まるい虹が出てくる夢

虹の輪という、こちらも珍しい現象があります。このまるい虹が出てくる夢もまた吉夢です。

輪は和に通じ、円満な人間関係を示唆するもの。

恋愛・家庭において円満であることは、生活そのものが充実するということ。職場などにおいても同様に人との調和がとれていて、あなた自身も今そのような安定した心持ちでいるということを現しています。

虹の写真が出てくる夢

虹そのものではなく写真なのは、心が温かくなるような幸せな思い出の象徴です。

それを思い出すような出来事があったのかもしれません。

虹の写真を撮っていた場合

虹は幸運の象徴です。

それを写真におさめるというのは、目の前に幸運・チャンスがやってきていて、それをつかむことができるということ。ぜひ臆せずに、やりたいことにトライしましょう。

大きな虹の夢

大きな虹はきれいな虹同様、幸運や開運を暗示します。

大きかったり色が鮮やかではっきりとしているほど、幸運の度合いが大きいと考えます。

赤い虹の夢

赤は情熱や生命力の象徴です。夢の中で赤いものが出てきた場合、鮮やかな赤は幸運の暗示。

赤い虹の夢もまた吉夢と言えます。予想しない嬉しい出来事がありそうです。

白や黒い虹の場合

暗い色合いの場合、運気は低下を意味します。

黒やぼんやりした白などは、思うように物事が進まないなど、あまり良くない意味での予想外な出来事が起こりそうです。

健康運の低下を意味する場合もありますので、体調に不安がある場合は、無理せず休むことが必要です。

虹がクロスしている場合

きれいな虹が交差している夢は、大きなチャンスが訪れる暗示。

特に人との出会いに期待ができそうです。

虹が海にかかる夢

穏やかな海は、この先の生活が安定していたり充実したものになるという暗示です。

虹は願い事が叶ったりチャンスをつかむという意味合いがありますので、幸せな家庭を築くことができる時だと言えます。

お付き合いしている人がいたら結婚の話が出るなど、良い方向に物事が進むでしょう。

夜に虹を見る夢

夜の暗さの中に虹を見る夢は、困難の中に希望があることを暗示します。

チャンスを逃さないよう、注意深くなりましょう。

虹が青空にかかる夢

青空は、あなたの気持ちが明るく前向きである暗示。

青空に虹がかかるのは、その先に大きなチャンスが待っている、あるいは望む未来があることを現しています。これまで努力してきた人は、その調子で進みましょう。

公園で虹を見る夢

公園は、誰かと遊んだりのんびりしたりする、楽しむための場所・リラックスできる場所の象徴です。今、そういう息抜きが必要なのかもしれません。

忙しくしているならば、時間を作って気分転換をはかってみましょう。実際公園に行ってみるのもいいでしょう。気持ちが切り替わり、良いアイディアが浮かぶかもしれません。

雨あがりに虹がかかる夢

問題が解決して物事が進み始めるなど、事態の好転を現しています。

これまでなかなか思うようにいかなかったことも、良い方向に向かい始めるでしょう。

太陽の周りに虹の輪がかかる夢

実際に起こる珍しい現象ですが、夢においては、まるい虹と同様に人間関係の円満さを現しています。

人のおかげでうまくいくことがあったり、引き立ててくれる人がいたりと、人に救われることがあるかもしれません。

傲慢にならず、誰かに助けられた時には素直に感謝しましょう。

虹が消える夢

チャンスを逃してしまうかもしれません。

やろうと考えていることがあるなら、早めに行動に移しましょう。

虹の下をくぐる夢

虹のアーチをくぐる、というのは一つの区切りがつくことを象徴しています。

学校の卒業や転職などもそうですが、考え方が変わる、運動など新しい習慣を身に着けるなども、これまでとは区切りをつけて新しく始めるということ。そうして始めたことは、人生をより良い方向に向かわせてくれそうです。

まとめ

虹は幸運のシンボルです。

夢に出てきてもそれは変わらず、きれいな虹が出てきたなら吉夢と言えます。

虹はチャンスも現しますので、逃さないよういつもより注意深く、積極的になると良いでしょう。願い事が叶うときが来ていることを伝えています。

スポンサーリンク

4月 7, 2018

Posted by reve