夢占い「桜」の夢の意味15例!桜吹雪が出てくる夢は? 

4月 7, 2018

桜は昔から和歌に詠まれたりその下でお花見をしたりと、日本人の生活にとてもなじみのある植物のひとつですね。毎年桜が咲くのを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

色々な状況ごとに、桜が出てくる夢の意味を見ていきましょう。

スポンサーリンク

美しい桜・旬の桜を見ている夢

吉夢です。気持ちが明るくなるような嬉しい出来事がありそうです。

チャンスが訪れる、問題が解決する、というような、先の見通しが明るくなるようなタイミングでよ。チャンスには臆さずトライするといいでしょう。

季節外れの桜の場合

季節外れというのは、本来咲くべき正しい季節ではないときに咲くということ。夢に出てきた場合にはあまり良い状況とは言えない場合が多いでしょう。思うような状況になりづらいようです。

体調も不安定になりやすいので、気を付けて過ごすと良さそうです。

桜並木(たくさんの桜)が出てくる夢

たくさんの桜が並ぶ桜並木は、美しくまるで舞台のようですね。満開で桜吹雪が舞っていたりすればなおさらです。これは、いままさにあなたが主役となり輝く時であるという夢です。

輝くというのはなにも人の前で活躍するだけでなく、望む未来のために努力しているときも、人は輝いて見えるもの。もちろん、努力が実って夢を叶えるという可能性もあります。

吉夢と言えるでしょう。

スポンサーリンク

夜桜を見る夢

月明かりに照らされていたりライトアップされている桜は、とても幻想的で美しいですね。そんな夢のような世界に行きたいという気持ちがあるようです。

もしかしたらストレスを抱えていて、逃げ出したいという気持ちがあるのかもしれません。

問題から逃げても仕方ないとわかっているからこそ、夢の中でストレスを発散させようとしているとも言えます。誰かに相談するなど、抱え込まずに解決策を考えてみましょう。

葉桜が出てくる夢

花が咲くというピークを過ぎて、運気もゆっくりと落ち着いている暗示。

決して華やかな運勢ではありませんが、桜はまた花を咲かせます。今はその時のためにできることをやったり、力を蓄えておく時期のようです。

スポンサーリンク

枝が丈夫な桜の夢

太く丈夫な枝は、たくさんの花を支えるために必要です。これはあなたにとって良いものが手に入るという吉夢と言えます。

良いものとは、金銭的な物である可能性が高いでしょう。

桜の枝を折る夢

はかなさを現しています。

短命な恋だったり、始めたことがごく短期間で終わってしまうようなことがあるかもしれません。運勢としては低下の暗示です。

桜のつぼみが出てくる夢

つぼみが花を咲かせるまでにはもう少し。今は努力を積み重ねるべきときのようです。知識を吸収したり、経験を積んだりと、できることをやりましょう。

つぼみということは、今やっていることはやがて花開く可能性があるということです。

桜が咲き始める(開花する)夢

まさに花が開くように、なにか新しい展開が訪れそうです。恋愛においては、新しい出会いがあったり、お付き合いに発展するなど嬉しい方向に進むでしょう。

これまで努力してきたことが実を結ぶ時でもあるので、勉強や仕事でも成果が出せそうです。

桜が満開に咲いている夢

桜が満開の時期というのは割と短いものです。雨が吹いたり風が吹けば、どんどんと花は散っていきます。満開の桜を見られるのは、まさに今、心身ともに充実している暗示。

トラブルがあってもスムーズに解消するでしょう。また、桜が咲くのは春、入学や入社など新しい時間が始まるタイミングです。これまでとは違うことを始めるには良い時でしょう。

桜吹雪を見る夢

たくさんの花びらが舞う桜吹雪は幸運の暗示です。

良い流れがあったりチャンスを手にするなど、嬉しいことがありそうです。ただし、散るというのは花びらがなくなってしまうということ。

幸運をつかむためには、のんびりしている暇はないようです。判断は迅速に行いましょう。

桜が散る夢

喪失感や寂しさの現われと考えられます。また、花が散ってしまうのは金銭的な喪失を意味することもあります。

たくさんの桜の花が散る場合は、それだけおおきな損失を現しますので、原因となりそうなことがないか注意してみましょう。

雪の中で桜を見る夢

寒の戻りで、桜が咲いたあと雪が降る、ということがありますね。雪の中で桜を見る夢は、大変なことの中にも希望がある、という暗示です。

トラブルのさなかにいたとしても、絶望的な状況ではないということ。諦めることはありません。

雨の中で桜を見る

水というのは浄化の象徴です。

寂しさのような精神的な負担が解消したり、うまくいかなかったことに進展があったりと、これまでとは違う流れがやってきそうです。

桜を好きな人と見ている夢

桜の花は、はかなさの象徴でもあります。相手への気持ちが冷めてきていることを現しているのかもしれません。

基本的に好きな人との幸せな夢は逆夢であることが多いもの。でも、桜の季節は終わりと同時に始まりという意味合いもあります。

ひとつ終わることで、次の恋が始まるということもありそうです。

桜の写真や絵の夢

写真を見る夢は、何かを客観的に見るということを意味します。

桜の写真や絵を見るのは、桜の咲く季節の思い出や、その時感じたことを思い出しているようです。なつかしさ、寂しさといった気持ちを感じていることを現しています。

写真を見て幸せな気持ちになっていたなら、幸せな記憶を思い出していると言えるでしょう。

まとめ

桜はとても身近で、春の訪れの象徴のような存在です。きれいに咲いている場合は運勢も上昇していることを意味します。

桜の季節は入学式、入社式など、なにかの区切りと新しい始まりが訪れる季節です。夢に出てきた場合にも、区切りと始まりを暗示する場合があります。

どんな状況で、誰と桜を見ていたかなども併せて解釈してみましょう。

スポンサーリンク

4月 7, 2018

Posted by reve