夢占い「本」の夢の意味!本棚は知識量や情報力の象徴

4月 6, 2018

本は私たちに知識や情報、楽しさや感動を与えてくれますね。

本が出てくる夢は、その本の種類や状態によって解釈は別れますが、基本的に吉夢と言えます。

本にかかわる様々な夢について、どんな意味を持つのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

本を読む夢

あなたの頑張ってきたことが実を結び、成果を上げることを現します。

本を読む夢は、あなたが真面目に物事に取り組み努力してきたことを暗示し、その努力が無駄ではないことを伝えています。

本を読む人を見る場合

知らない人が本を読んでいたら、それはあなた自身を現すことがあります。今あなたは知識を身に着けたり、勉強をして成長できる時のようです。

本のタイトルや内容なども重要なメッセージであることがありますので、実在する本だったら読んでみたり、気になるキーワードは調べてみると良いでしょう。

夢に出てきた本の種類は?

漫画本の夢

日常に変化を求めている暗示です。

漫画の中のように自由な世界や刺激的な出来事を求めていて、悪く言えば現実逃避と言えるでしょう。

絵本の夢

小さいころを懐かしく思う気持ちを現します。

打算的になるよりも、今は子供のように素直な気持ちで物事を考えると幸運につながります。

辞書・辞典の夢

知的好奇心が高まっていて、知識を吸収するのに良いタイミングです。

知りたい情報を本から得られる夢は、問題が起きても解決することを暗示しています。

小説の夢

恋愛に夢中になっている暗示です。

相手の気持ちを汲み取ろうという気持ちがあり、良い関係を築けるときと言えます。

スポンサーリンク

本を買う夢

今必要な情報が得られる暗示です。

仕事や勉強もそうですが、人間関係における悩みなどについても、有益な情報が得られそうです。

「売る」夢は、何かを失う、または自分の持っているものを人に見せるという意味合いがあります。

良い印象の夢なら、あなたの持つ情報などを誰かとシェアすることで良い方向に向かうでしょう。

印象の良くない夢だった場合は、大切なものを失う可能性を暗示します。

本を探す(選ぶ)夢

問題の解決策を求めている暗示。また、知識欲が高まっていることを現す場合もあります。なにか知りたいと思うことがある、ということです。

求めている本があった場合は、解決策が見つかったり、好奇心が満たされるという意味合いになります。

スポンサーリンク

本を出版する(書く)夢

「書く」夢を見るときは、頭の中が雑然としていて、整理したいと考えているようです。

どんなことを書いていたでしょうか。その内容は、今のあなたに必要な言葉かもしれません。ぜひ思い出してみましょう。

本を借りる夢

あなたが情報や知識などを必要としている暗示です。

取り組んでいることに関して知りたいことがあるようです。誰かが本を貸してくれるのは、情報を与えてくれる人がいるということ。

借りた本がどんなものだったかが、今のあなたに必要なメッセージかもしれません。タイトルなどを思い出してみましょう。

借りていた本を誰かに返す、という場合は、その相手との関係が深まる暗示です。

自分が取り組んでいることに協力してくれる相手かもしれません。

また、自分が誰かに本を貸す場合は、あなたの持っている知識を必要とする人がいる暗示です。

あなたのこれまでの経験が役に立つ場面がありそうです。

本をあげる夢

物を誰かにあげる夢は、意図しない展開が起こることを暗示しています。

本をあげる場合は、思いがけない情報がもたらされるなどの、予期しない出来事がありそう。

印象の良い夢であれば、その展開はあなたにとって良いものとなるでしょう。

誰かに本をもらう夢は、あなたに知識や情報が不足していることを示唆しています。もっと知識や情報を手に入れる必要があるよ、と伝えているのです。

実際に本を読んだり誰かに聞くなど、今の自分に必要と思われる情報をキャッチするようにしてみましょう。

本を捨てる夢

吉夢の場合、あなたのこれまでの考え方に従ってやり続けることが良い方向に向かう暗示です。好きなことをとことん追求したり、新しいやり方よりもこれまでのやり方を通すことが良策と言えます。

凶夢の場合は、新しい考え方を受け入れられていないことを示唆します。固定観念に縛られて、柔軟な発想ができなくなっているかもしれません。現状と照らし合わせて考えてみましょう。

夢で本を拾うなら、良いアイディアが浮かんだり、問題の解決方法がわかるなど、必要な情報がもたらされる暗示です。

本を片付ける夢

本はあなたのこれまでの経験、知識、考え方などを現します。本を片付ける夢は、それらを一度きちんと整理する必要性を伝えています。

きちんと整理することで、持っているものを把握したり、将来に生かすことができるでしょう。必要なくなった本を片付けるという場合は、今の知識は一度置いておいて、新しい考えを取り入れる必要があるという意味合いになります。古い考えにとらわれていないか、振り返ってみましょう。

本が崩れ落ちてくる夢

ごちゃごちゃと散乱している本は、どこになにがあるのかわからないし、どんなにいいことが書かれている本でも、整理されていないと読む気になりませんね。

読んで積み上げていた本が崩れる夢は、今の知識が仕事などに活用できないことを意味しています。

本棚から本が落ちてくる夢は、頭の中が混乱している状況を示唆しています。

一度冷静になって、今の状況とやるべきことを考えてみましょう。混乱している時には、問題から少し距離を置いてみるといいかもしれません。

本が本棚にぎっしり詰まっている夢

あなたの経験量・知識量の多さを現しています。それは仕事などに生かすことができるので、結果的に金運も上昇する暗示です。

本棚の本が少なかったり空っぽなら、知識量が足りていないという意味合いになります。

やりたいことがあったとしても、現状では実力不足でしょう。今は必要な知識を吸収したり、下準備をしっかり行うべき時のようです。

本屋の夢

多くの本がある本屋さんの夢は、知識欲・勉強意欲を現しています。知りたいことがたくさんある状況のようです。好奇心が旺盛とも言えますね。

本屋さんの印象が良いようなら、その意欲でたくさんのことを吸収できるでしょう。

印象が暗かったり良くない場合は、知識・経験が不足していることを示唆します。もっと成長する必要があるようです。

まとめ

本と言ってもジャンルは様々。どんな本を読んでいたかによっても解釈が変わります。また、本のタイトルや内容が印象的だった場合は、それが何かのヒントであることがあります。

具体的な言葉を覚えている場合は、実際に調べてみると何かの手がかりが得られるかもしれませんよ。

本はたくさんの知識を与えてくれるもの。夢に出てくるときには、あなたが知識を必要としていたり持っていることを現していることが多いでしょう。

現状とあわせて解釈してみましょう。

スポンサーリンク

4月 6, 2018

Posted by reve